実体験をもとにアダルトグッズの買い方を比較してみた

セックスの時に眼鏡やコンタクトはどうする?ありなしを比較

私は近視で視力が悪いです。
0.1以下なので、眼鏡がないと生活できません。

お風呂と寝る時以外は、めがねが欠かせない私。セックスの時はどうしているのか気になりませんか?

この記事では眼鏡やコンタクトを使っている場合、セックスの時はどうしているのかについて書きました。

目次

ソフトコンタクトレンズ時代の話

私がソフトコンタクトレンズを使っていたのは、28歳位までです。

使っている時に目の乾燥を感じるようになり、目薬も使ってみたのですがあまり良くならず。
思い切ってコンタクトをやめてみると、目の乾燥から解放されたので、持っていた使い捨てコンタクトを使い切ってからは購入していません。

眼鏡なしで生活する便利さを知っているので、コンタクトに戻りたいなぁと思うこともあるのですが、健康を考えて眼鏡生活です。

前置きがながくなってしまいましたが、本題に入ります。

コンタクト時代は、最初の頃は外さずにセックスしていました。

  • 外すと見えにくくなってしまう
  • お風呂に入るわけでもないから、外さなくても大丈夫だろう
  • いい雰囲気の途中でレンズを外すのは気が引ける

という理由からでした。

しかし、ある時のこと、乾燥のためかセックスの最中にコンタクトがポロっと外れてしまいました。

1日使い捨てタイプのレンズだったので、まだ良かったのですが、途中でレンズが外れてしまうのは気分的にもあまり良いものではありませんでした。

  • 外れてしまったレンズを探さなければならない (使い捨てでない場合は、必死ですよね)
  • 片方だけレンズが入っていると、都合が悪いので反対側も外さなければならない
  • レンズ探しや取り外す間の時間が台無し…

ということを経験してからは、セックスの前に外すようになりました。

コンタクトレンズをしてするセックスと外してするセックスの両方を経験して分かったことをまとめてみます。

コンタクトレンズをしたままセックスすると

メリット
  • 視界がはっきりしたままセックスできる
  • いちゃいちゃからセックスへの自然の流れをじゃましない
デメリット
  • 途中でレンズが外れてしまうリスクがある
    外れてしまうと、レンズを探したり、もう片方を外したりとムードが台無しに…

コンタクトレンズを外してセックスすると、上記のことが逆になり、途中でレンズが外れることがありません。

しかし、普段と同じような見え方が良いという場合は、ぼやけた視界が気になりますね。

めがねの話

コンタクトレンズをやめてからは、お風呂と寝る時、セックスの時以外はめがねをかけて生活しています。

コンタクトの時は、最初は外さずにしていたのですが、めがね生活になってからは最初から外してセックスしているのです。

眼鏡を外してセックスする理由

めがねを外してセックスする理由は、めがねをしたままだと危険だからです。

コンタクトレンズと違って、めがねはでっぱりがあるので、ぶつかってしまう恐れがあるのです。

  • キスをする時
  • 寝転がってイチャイチャする時
  • 気持ち良くて無意識に顔を動かした時

と、何かの折に相手やベッドなどとぶつかる可能性があるのです。

目の悪い私にとって、めがねはの代わり。

めがねが曲がったり、破損したりしたら困るのです。

というわけで、外しています。というのも

  • 子どもが急に飛びついてきて、鼻あてが外れたり、曲がったりしたことが何度か
  • なぜか床にめがねを置いていて、踏んでしまいつるが曲がった

と、大事なめがねを破損してしまったことが何度もあるのです。

一つが壊れてしまっても大丈夫なように、めがねは2本持っていますが、破損せずに大切に使いたいですよね。

他にも、

  • 服を脱ぐタイミングで一度外さなければならない
  • 一度外したら、どこに置こう
  • 汗をかいたらずれる
  • 動きが激しいと眼鏡が動く

という点からも、最初から外すのが良いのではないなかぁと私は思っています。

眼鏡なしでも大丈夫なの?と思われるかもしれません。

めがねを外したからといって、全く見えないわけではないですし、セックスは至近距離での行為なので大丈夫。

と、普段は眼鏡なしセックスなのですが、眼鏡をかけてしたこともあるのです。

めがねをかけてしたセックス

めがねをかけてしたのは、ちょっと特殊な状況下。

リビングで上半身は服を着たまま、立ちバックでセックスをした時。

夫が平日休みの日の日中、リビングでのんびりしていると「ここでこのまましようよ」誘われたのです。

上半身の服を着たままだったので、めがねもそのまま

途中、クンニをしてもらったり、ラグの上で騎乗位になってみたりしたのですが、普段はぼやけた視界がはっきり見えるので、すごく興奮しました。

わざと結合部が見えるように動いてみると、恥ずかしいのといやらしいのが混ざって、すごくいけないことをしている気分。

夫はいつもこんな状況を見ながらセックスしているんだなぁと思うと、さらに恥ずかしくもなり、普段と違う場所で服も一部着たままの状況にも合わさって、かなり刺激的で興奮したセックスになりました。

結局、この日は最後までめがねを外すことなくセックスしました。

  • ベッドではなかったこと
  • 上半身の服を脱がなかったこと
  • 騎乗位、座位、立ちバックでしたこと

が、めがねをかけたままでも大丈夫だった理由なのかと思います。

普段は安全のためにめがねは外しているのですが、この刺激的な経験をしてからは、危なくないように気を付ければめがねをかけたままのセックスもいいなぁと思うようになりました。

まとめ

セックスの時にコンタクトやめがねはどうするかということについて書いてきました。

コンタクトとめがねを付けた状態も外した状態も経験して分かったこと
  • コンタクトやめがねの安全を考えるなら事前に外すのが良い
  • 付けたままの場合、途中でコンタクトが外れたり、めがねが破損したりするリスクがある
  • 付けたままのセックスは視界がクリアで刺激的
  • セックスの仕方や体位によっては、付けたままでも大丈夫

まとめが長々としてしまいましたが、ありなしのどちらも経験して感じたことは、

時と場合に応じて、コンタクトやめがねのありなしを使い分けるのが良い!

コンタクトやめがねを付けたままする場合は、十分に気を付けてくださいね。

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策のため)

目次
閉じる