性交痛に悩む人はまずこれを読んでみて!

香水タイプの媚薬の使い方やメリット、デメリットについて紹介します

媚薬にはいろいろな種類があり、

  • 塗るタイプ
  • 匂いから感じる香水タイプ
  • 飲むタイプ

に分けられます。

使う場面や使い方によって、媚薬を使い分けるのがおすすめです。

この記事では匂いから感じる香水タイプの媚薬の使い方やメリット、デメリットについて紹介します。

目次

香水タイプの媚薬とはどんなもの?

香水タイプの媚薬は、匂いを嗅ぐことで効果を得ることができる媚薬です。

  • 男性用 (女性を惹きつけるための物)
  • 女性用 (男性を惹きつけるための物)

と性別によって分けられています。

さらに媚薬ではない一般的な香水がたくさんあるように、媚薬タイプの香水もたくさんの商品があります。

人によって好きな香りのタイプは様々ですよね。

爽やかな柑橘系の香りが好きな人もいれば、甘い香りが好きな人もいます。また、季節や気分によっても好きな香りは影響を受けます。

効果を得られるのはもちろんですが、好きな香りを見つけられるといいですね。

使い方

香水なので、体につけて使用します。

フレグランス(香水)は、温度が高ければ高いほど強く香りを放つという特徴があります。

フレグランス(香水)は、体臭と混ざり合い香りを放ちます。
汗をかく場所や体臭が色濃くでる部位に香水をふると香りが変化してしまうことがあるので注意。

ロクシタンの公式ページより引用

つける場所は

  • 耳のうしろやうなじ
  • 手首
  • 太ももやひざの裏

が一般的かなぁと思います。私は嗅覚が良いのか好きな匂いであっても香り過ぎるのが苦手なので、一般的な香水は足につけています。

しかし、媚薬の場合は匂いを嗅ぐことが大切なので、手首につけるのがおすすめです。

効果を得たいからといってつけ過ぎは厳禁です。香水が強すぎるのはマナー違反と私は思います。

メリット

香水タイプのメリットは2つあります。

使い方が簡単

一番のメリットは、香水としてつけるだけなので簡単に使えるということです。

飲むタイプだと飲み物を飲むことが必要ですし、塗るタイプは女性器に直接塗らなければなりません。その点、香水タイプは体につけるだけ。

一番簡単に使えるのが香水タイプの媚薬。

香水として使うだけなので、デートの前や寝る前など狙った時につけるだけです。

どこでも使える

2つ目のメリットは、場所を選ばずどんな場面でも使うことができるということです。

1つ目のメリットでも書きましたが、飲むタイプは飲み物に混ぜて飲むことが必要ですし、塗るタイプは直接塗ることが必要です。

その点、香水タイプは香水として使うだけなので、場所を選びません。

香水としてつけておくだけ。

それだけで媚薬としての効果を得ることができるなんて、すごいですよね。

香水タイプの媚薬は手軽に場所を選ばずに使うことができると紹介しました。メリットが大きいと思われる香水タイプの媚薬ですが、デメリットもあります。

デメリットについても正直に紹介していきます。

デメリット

外で使うと他の人にも影響するかも

まず1つ目のデメリットは、外で使った時に狙った相手以外にまで媚薬効果が作用してしまう可能性があるということです。

香水なので、周りの人にも匂いが届くためです。デートで人混みに行くような時は注意してくださいね。

言い換えると、合コンのような場で使うには適しているということです。

匂いによって好みがある

香水なので、個人によって好みがあります。そのため、使った媚薬の匂いが好みでないことも考えられます。

しかし、このことは一般的な香水においても言えることですよね。

ただ、一般的な香水を店舗で購入する場合はテスターで香りを試すことができますが、媚薬の香水はテスターで試す機会がなかなかないというのが違う点です。

このサイトでは香水タイプの媚薬についても、自分で試してどんどん紹介していこうと思います。参考にしていただけたら幸いです。

秘密で使うには気付かれるかも…

香水タイプの媚薬は使う時に匂いがします。そのため、相手に内緒で使いたいという場合にはその匂いで気付かれるおそれがあります。

しかし、「新しい香水買ったんだ」というように商品は見せずに普通の香水として話してしまえば大丈夫です。

おわりに

この記事では香水タイプの媚薬についてまとめてきました。

香水が媚薬になるなんてすごいですよね!

使いやすいですが、使い過ぎは厳禁。気を引き過ぎないようにしてくださいね。

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策のため)

目次
閉じる