性交痛に悩む人はまずこれを読んでみて!

媚薬の「濡舞妓」はある使い方でびしょびしょに

媚薬を実際に使って検証するシリーズです。

濡れやすさに悩む私は、いろいろな媚薬を試しています。

今回は「濡舞妓」を実際に試したので紹介します。

「ぬれまいこ」と読みます。

目次

どんな媚薬?

「濡舞妓」は塗るタイプの媚薬です。

成分の中で期待できそうなものは

  • メントール
  • イランイラン花油
  • カフェイン
  • カンフル
  • プラセンタエキス
  • オスモフェリン

の6種類も配合されています。この中で注目なのが

更に女性をメロメロにする特殊成分配合!!オスモフェリン

女性を惚れさせる究極の媚薬成分!!

公式ページより

オスモフェリンという物質です。究極の媚薬成分の効果はどのくらいなのでしょうか?

外観

パッケージ

黒い箱に舞妓さんの姿が描かれています。箱は紙です。

「濡舞妓」という商品名なのですが、よく見ると「濡」と「舞妓」の字体が異なっていますね。
「濡」と「舞妓」を分けているのは、何らかのこだわりなのでしょうか。

本体

丸いプラスチックのケースです。パッケージの箱と同じ模様が蓋の中央にあり、その部分以外は側面も真っ白です。

大きさは私の手のひらサイズでした。

内容量が30gで容器の大きさは直径5cm、高さが3cm。

持ち運ぶ場合は、小分け容器に入れると便利!
100円均一や無印良品にありますよ。

余談ですが私は無印良品が大好きです。

においや質感は?

蓋を開けると真っ白な「濡舞妓」がたっぷり入っています。

容器の感じからして、クリームっぽい感じかなぁと想像していたのですが、ちょっと違いました。

質感はさらっとしたジェルです。

さらっとしていますが、滑り落ちるほどのさらさら具合ではないので、指にとって塗るには問題ないです。

あまりにもさらさらだと、大事な部分に塗るまでに落ちてしまいますもんね。

匂いですが、いかにも媚薬というような匂いは全くせず、ジェル状のハンドクリームのような匂いがしました。

一見、ハンドクリームなのでうっかり置き忘れないように注意。特に詰め替えた場合は分からなくなりそうです。

塗ってみました

適量を手のひらにとり、やさしく馴染ませてください。

公式サイトより

とあるので、指にとって馴染ませてみます。塗った量はこれくらい。

この「濡舞妓」をクリトリスと膣に塗って馴染ませます。

ジェル状なためか、塗った感触は結構ヒヤっとします。
さらっとしているので、塗った時にべたべたした感じが気になることもありません。

色が白っぽいので、目立つかなぁと思ったのですが、ジェル状なので目立ちません。

濡舞妓のおすすめポイント

ジェル状なので塗った時に白浮きしにくく、男性に内緒で使いたい場合でもばれにくい。

気になる効果は?

塗っただけだと効果なし?!

膣とクリトリスに塗って馴染ませたのちに、そのまま待ってみます。

10分位経った辺りで、なんか膣の辺りに少し違和感?があるような感じを受けました。

うずくまではいかないのですが、平常とは違う感覚です。しかし、その後は特に変わりなし。

「濡舞妓」は効かないのでしょうか?

気を取り直して、再びチャレンジしてみます。

塗った後にマッサージをしてみる

「濡舞妓」を膣とクリトリスに塗っただけでは、平常とは違うように感じたものの、濡れ出したりムラムラしたりまでは感じられませんでした。そこで、

塗った後によく馴染ませるようにして、マッサージをしてみました。

しばらくマッサージを続けていると、膣の辺りがじゅんっとするような感じで、熱くなってくるような感じがしてきました。マッサージを始めてから3分位です。

そのうちに、だんだんと濡れてきました。

濡れ出してくると、もう止まらなくなり、濡れてびしょびしょになりました。

「濡舞妓」という名前の通りですね。

濡れてきた愛液は、わりとさらっとしています。さらさらのびしょびしょです。

ここまで濡れたら、性交痛や濡れにくさに悩む私でもスムーズに挿入できそうだなぁと思ったのですが、残念なことに私たちは久しくセックスレスなのです。今は解消できました。

というわけで、自分でおもちゃを使いました。

自分一人でした中で、一番濡れました。

どれくらいすごいかというと…自分での時はそんなにびしょびしょに濡れません。それが、

びろーんと糸を引く位になりました。さらっとした愛液だけど、立派に糸を引いていました(笑)

抽象的かつ擬音語ですみません。

私自身が、生々しい画像が苦手ということがあるので、言葉のみでお伝えしています。
こういうサイトを作っていながら、人の濡れた下着とかいかにもな画像とかが苦手なのです。

もし、言葉での表現が苦手な方に私の表現で不快にさせてしまったとしたら、申し訳ありません。

正直な感想

「濡舞妓」は塗るだけで媚薬としての効果が得られると思っていました。

しかし、私の場合は塗っただけでは膣の辺りがいつもとは違うような感じがしてきたものの、私には効果は感じられませんでした。

「濡舞妓」を塗った後に、馴染ませるようにマッサージをすることで、濡れ出してくることを実感できました。

濡れ具合に関しては、ものすごい効果を感じましたが、ムラムラしてくる感じは今までに使った他の媚薬の方が強くありました。

takako

「濡舞妓」は濡れ具合抜群。

まとめ

「濡舞妓」を使ってみた私の体験を正直に書いてみました。

見た目生々しくないのはいいが、容器がもう少しかわいいとなおよし。
値段濡れ具合がすごいので、妥当なところかと。
使いやすさ手に取って塗るだけなので簡単。内緒に使うには難しいかも。
効果濡れ具合に関しては◎。ムラムラすれば、もっとよかった。
総合評価濡れ具合に悩む人には最適。
「濡舞妓」のおすすめポイント
  • 塗ってマッサージすることで、びしょびしょに濡れた。
  • 濡れ具合に悩む人には試す価値あり。
  • ジェル状で馴染ませれば目立たないので、女性がこっそり仕込んでおくのもOK

次はセックスで使ってみたいものです。

塗ってマッサージするだけでびしょびしょになる媚薬 「濡舞妓」

 

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策のため)

目次
閉じる