実体験をもとにアダルトグッズの買い方を比較してみた

オナニーで媚薬を使うと得られるメリットがたくさんあります

いきなりですが、みなさんはオナニーはしますか?

生まれてこの方、一回もしたことがないという人の方が珍しいと思います。

では、オナニーをするのに媚薬を使ったことがあるかについてはどうですか?

この質問となると、媚薬を使ったことがある人の方が少ないのではないかなぁという気がします。

オナニーでも媚薬を使っている私からすると、オナニーで媚薬を使わないのはもったいないです。

この記事ではオナニーで媚薬を使うメリットを紹介します

目次

濡れやすくなる

オナニーとセックスでは、どちらが濡れますか?
個人差があるとは思いますが、私は断然セックスのほうが濡れます。

セックスは

  • 相手にしてもらう愛撫(キスやクンニなど)
  • 精神面でも満たされる

といった理由で、オナニーよりも濡れやすいのではないかなぁと私は思っています。

そこで、オナニーで濡れやすくするために媚薬を使うのをおすすめします。

感度が上がり開発できる

前述の濡れやすくなると関連しますが、濡れやすくなるということは感度が上がるということ。

オナニーでの気持ち良さが大きくなります。

そして、感度が上がったところで自分の体を開発していくのがおすすめです。

私はまだ中でイクということができないので、オナニーで自分の気持ちの良いところを探っています。

まだ効果はありませんが、いつか中でイクことができる日を目指していろいろと試しています。

媚薬の効果を確認できる

オナニーで媚薬を使うと、媚薬の効果を確認することができます。

媚薬の効果が分かればセックスで使う時に役立ちます。

  • 使うことで得られる効果を知る (いやらしい気分になるのか、濡れやすくなるのかなど)
  • 効き始めるまでの時間を知る (即効性があるのか、少し時間がかかるのか)
  • 使うのに適した量を知る

しかし、オナニーとセックスは違うので、媚薬を使った時の効果は全く同じではないと思いますが、きっと役立つと思います。

次はオナニーで媚薬を使うデメリットについても紹介します。

コストがかかる

媚薬を使うと、何も使わないでオナニーをするよりはお金がかかります。

アダルトグッズは壊れない限りは電池代位で済むのですが、媚薬は毎回消費します。

それでも媚薬は1つを購入すれば、なくなるまでは大丈夫。

数回使ってなくなるというわけではないので、思い切って何かの媚薬を購入すれば、しばらくは使い続けることができます。媚薬を使って効果を実感すると、使い続けたくなると思います。

また、購入したからといって毎回媚薬を使う必要もありません。

  • バイブを使う日
  • 気持ち良くなりたい日
  • 自分が濡れにくい日

と、体調やどれくらいのオナニーがしたいかなどに合わせて、媚薬を使ったり使わなかったりと調節するのも一つの手です。

私は生理周期によって濡れ具合が変わるので、濡れにくい時期は絶対媚薬を使うようにしています。

まとめ

オナニーで媚薬を使うことのメリットとデメリットについてまとめてきました。

オナニーでの媚薬

オナニーの気持ち良さを媚薬で底上げして楽しむのがおすすめ

媚薬にはいろいろなものがあります。

私が使った中で一番効果がすごいと思ったのが、LOVE SHOT SP -typeL-」です。

飲み物に一滴入れて飲んだだけで、すごいことになったのです。

実際に試した時の記事です。

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策のため)

目次
閉じる