実体験をもとにアダルトグッズの買い方を比較してみた

【どちらもグライド?!】使いやすいローションタイプの潤滑剤を比較

セックスやオナニーの時に潤いを足してくれるのは、潤滑剤です。

濡れにくさに悩む私は、必ず潤滑剤を使っています。

潤滑剤にはいろいろな種類があるのですが、実際に使ったものを比較したり、紹介したりすることで少しでもお役に立てれば幸いです。

今回は、アイディグライドとアストログライドを比較してみました。

どちらも使いやすくて、大好きな潤滑剤です。
愛用しているからこそのレビューです。

この記事を読んで欲しい人
  • アイディグライドとアストログライドが気になる人
  • セックスで潤滑剤を使ってみたい人
  • ローションタイプの潤滑剤について知りたい人

潤滑剤って何?ローションとは違うの?という方はこちらをどうぞ

目次

ローションタイプの潤滑剤とは

潤滑剤はいろいろなタイプがあります。

  • 水溶性のローションタイプ (今回のものです)
  • ジェル状のもの
  • シリコンベースのもの
  • オイル状のもの

今回は、アイディグライドとアストログライドという水溶性のローションタイプのものを比較しています。

ローションタイプと書きましたが、一般的なローションのようにねっとりはしていません。
糸を引く粘度はありますが、わりとさらっとしています。

写真も交えながら2つを比較して書いていきますので、ご覧ください。

アイディグライドとは

アメリカのアイディルーブから販売されている潤滑剤で、一番人気なのが「アイディグライド」です。

  • 水溶性
  • 無色透明で無香料
  • 少量で潤いが持続する
  • コンドームと使える

という特長を持った潤滑剤です。

アイディルーブの潤滑剤は、「アイディグライド」以外にも種類がたくさんあります。

香りのついたものや冷感タイプなど使ってみたいものがたくさんありました。

アストログライドとは?

NASAの研究者であった方が開発した潤滑剤が「アストログライド」です。

アストログライドから発売されている潤滑剤には、いろいろな商品がありますが私が選んだのは一番有名かと思われるこちらの「アストログライド レギュラー」です。

  • 水溶性
  • 無色透明
  • 少量で潤いが持続する
  • コンドームと使える

という特長を持った潤滑剤です。

この「アストログライド レギュラー」の他にもいろいろな種類の潤滑剤があります。

私が気になったのは、あたたかく感じられるもの。冬場によさそうです。

2つをいろいろ比較

アイディルーブとアストログライドの2つをそれぞれ使ってみました。

容器

容器の形は似ていて、どちらもキャップ式です。

片手で簡単に開けることができるので、途中で追加する時にも便利!

アイディルーブ
アストログライド レギュラー
容器を比較

どちらもキャップ式で使いやすい

粘度

どちらも水溶性の潤滑剤という点では同じですが、粘度には違いがありました。

どちらもある程度の粘度はあるのですが、アイディルーブの方が粘度は強め。

アイディルーブ
アストログライドレギュラー

どちらもバイブに直接潤滑剤を垂らしている時の写真です。

アイディルーブの方が粘度が濃いので、垂らすと潤滑剤が糸を引くようになりました。
粘度が濃いといっても、ペペローションほどのぬるぬるさはありません。
さらっとしながらも、適度な粘度がある感じで、すごくいい感じ。

一方、アストログライドレギュラーはさらっとしているので、何度やってもすぐにバイブや下に置いたティッシュの上に垂れてしまいました。
さらっとしているといっても、水のようにさらさらなことはありません。

せっかくの潤滑剤を垂らしてしまってはもったいないので、手に出して塗るのがおすすめです。

バイブに垂らした潤滑剤を手で伸ばしてみました。

アイディルーブ
アストログライドレギュラー

2つのうち粘度のあるアイディルーブのほうが、太く糸を引いています。
アストログライドレギュラーもさらっとしていますが、ちゃんと糸は引きました。

粘度を比較
  • どちらもさらっとしながらも、ある程度の粘度はあり
    手で潤滑剤を伸ばすと、どちらも糸を引く
  • アストログライドレギュラーの方がさらっとしている
    直接ではなく手に出して塗るのがおすすめ

どちらも、水溶性なので終わった後にシャワーで簡単に洗い流すことができました。

使い心地

どちらもオナニー、セックスともに使ってみました。

使ってみた感想は、どちらも使いやすい!

潤滑剤の目的である「潤いを補充する」という役割をばっちり果たしてくれました。

途中で中の乾きを感じることなく、一度挿入してから最後までずっと潤いを感じられました。

値段

グッズを使うのに値段も気になりますよね。

私がグッズを買うのに利用している「大人のデパート エムズ」での価格を紹介します。
2021年5月18日調べ。

アイディグライド 65ml 1298円 

アストログライド レギュラー 70g 1188円

価格はほとんど変わりません。

ちなみにアイディグライドはさらに小さい30mlサイズがあるので、試しに使ってみたいという人におすすめです。

まとめ

アイディグライドとアストログライド レギュラーの潤滑剤をそれぞれ使い、私なりに比較してみました。

一番の大きな違いは、粘度の違いで、アイディグライドの方が粘度が強い。

アストログライドはアイディグライドに比べると、さらっとしています。

私は、バイブを使う時に垂れにくいアイディグライドの方が好み。
夫はどちらでも良いと言うので、セックスではアストログライド、オナニーではアイディグライドを使うことが多いです。

挿入して使った感じはどちらも潤いますし、値段も似ていて、どちらも水溶性なので、粘度の違いやパッケージの見た目で選ぶのが良いと思います。

※粘度や挿入した感じなどの使用感に関しては、私個人の感想ですので、あくまで参考にお考え下さいね。

今後もいろいろなグッズを使った感想を紹介していきます。

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策のため)

目次
閉じる