性交痛に悩む人はまずこれを読んでみて!

ディルド初体験は大失敗?騎乗位が苦手な私には難しかった

先日、初めてディルドを使ってみました。

結果は、惨敗。今の私にはうまく使いこなすことができませんでした…

ディルドって何?

ディルドは女性が膣の中に入れて使用するアダルトグッズで、男性器の形をしています。

私が持っているのはこれです。

LCラブコスメにて購入した「ピンクディルド」です。

MサイズとLサイズがあるのですが、初めてのディルドなので小さいほうのMサイズを選びました。

ピンク色でいかにも感がないところがポイント。

目次

なぜディルドを使おうと思ったのか

私は騎乗位が苦手です。

騎乗位の経験も少ないですし、第一に気持ち良いと思えたことがありません。

ネットや雑誌の情報によると、

  • 騎乗位は女性が自分の好きなように動ける
  • 気持ちの良いところを自分で刺激できる
  • 男性は騎乗位が好き

とのこと。

たしかに、セックスレスになる以前、夫に「騎乗位になってよ」と言われてやってみたものの、

  • どうやって動いたら良いのか分からない
  • 動いてみても気持ち良くない
  • 夫が気持ちよさそうじゃない

と、全く持って不発に終わってしまい、それ以来騎乗位に苦手意識がありました。

そこで、ディルドで練習してみようかなぁと思い、買ってみたのです。

実際には、ずいぶん前に購入したものの、使う勇気が出ずにしまってあったのですが、意を決して使ってみることにしたのでした。

初めてのディルド体験

ディルドを入れるための準備

ディルドは膣内に入れて使用するグッズ。いきなり使うのは厳禁です。

まずはLCラブコスメの「リュイール ホット」を使用してマッサージ。
塗ってマッサージすると、私の場合は濡れやすさを実感できるグッズなのです。

LCスタイルの漫画や官能小説で気持ちを高めたり、エッチな動画を見たり、自分で胸やデリケートゾーンを触ったりして、気持ちを高めます。そうすると、だんだんと濡れてきました。

挿入前の大事な準備

膣内に挿入するアダルトグッズを使用する時に欠かせないものが二つあります。

コンドームとローションです。

  • コンドームは清潔に使うため
  • ローションはスムーズな挿入や痛みの軽減、気持ち良さを得るため

コンドームを付けたら、ローションを付けます。

ローションを付けるのに慣れていないので、垂れそうになって大慌てしました。

私が使っているのは、「アストログライド」というローションです。

  • ぬるぬる具合
  • 体へのやさしさ

と、安心して使うことができる素敵なローションです。またの機会に紹介しますね。

コンドームとローションで準備が整ったら、いざディルドを挿入します。

初めてのディルドを挿入

最初はバイブのように手で持って挿入しようかなぁとやってみたのですが、あまりスムーズにできません。
バイブの挿入にも不慣れな私は、挿入に手間取ってしまうのです。

せっかくのディルドだから、騎乗位で自分で挿入する練習も兼ねてみよう

と、床にくっつけて挿入してみることにしました。恥ずかしながら、騎乗位の経験が少なく、自分で挿入するのも不慣れな私。

ぎこちないながらもなんとか挿入できました。

挿入したものの、どうしたらいい?

騎乗位に不慣れで、ディルドが初めてな私は、いまいちディルドの使い方が分かりません。

  • 自分の好きなように動いてみる
  • 気持ちの良いところを刺激する
  • 当たって気持ちの良いポイントを探す

と、やるべきことは分かるのですが、実際のやり方が全く持って分からないのです。

まず、騎乗位の経験が少ないので、騎乗位の姿勢で挿入していると違和感を感じます。

腰を動かしてみるも、気持ちが良いと感じるポイントが一つもありません。

  • 上下に動く
  • 8の字を描くように動く
  • 前かがみになってみる
  • 体を後ろに反らせてみる

と、下手くそなりにいろいろ試してみるのですが、悲しい位にどこもヒットしないのです…

騎乗位での挿入に慣れていないためかなぁと思い、ディルドを床から外してみようとしたのですが、膣内に挿入したままだとうまく外せません。

というわけで、一度膣内からディルドを抜いて床から外しました。

今度は手に持って挿入しようかとも思ったのですが、一度も気持ち良くなれなかったので、気持ちが冷めてしまい…

おしまいにしました…

初ディルドを分析してみる

初めてのディルドでは、一度も気持ちが良いと思うことができませんでした。

自分なりに考えてみた敗因として、

  • 動き方が良くない
  • 騎乗位での挿入に慣れていない
  • 気持ちの良い場所に当たっていない

つまりは私の経験不足。

これに尽きると思います。

私はまだ中でイクということもよく分かりませんし、正常位での気持ち良さが少し分かってきたかなぁというレベル。

バイブで満足に気持ち良さを得ることができないのと同様に、ディルドで気持ち良さを感じるためにも練習が必要なのだと思います。

また、ディルドは中で動いてくれたり、クリトリスを振動で刺激してくれたりといった機能がありません。

他のグッズ (ローターとか?)を併用したり、最中も自分で気持ちの良いところを触れたりとしてみたら良いのかもしれません。次回への教訓として。

まとめ

騎乗位の経験が少ない私のディルド初体験についてまとめてきました。

ディルドを初めて使って分かったことがあります。

騎乗位に不慣れな私がディルドを使いこなすためには慣れが必要ということ。

バイブを初めて使った時よりも、慣れていった時の方が気持ち良さを感じるように、ディルドも使っていくことで気持ち良くなれるのではないかなぁと思います。

STEP
ディルドに慣れる
  • 床にくっつけた状態でディルドを挿入できるようになる。
  • 騎乗位での挿入感に慣れる。
STEP
気持ちの良いところを見つける
STEP
動き方を身につける
  • 気持ちの良い動き方を見つける
  • 騎乗位の練習をする
STEP
ディルドで気持ち良くなれるはず?!

と、段階を踏んでディルドと仲良くなっていきたいと思います。

初ディルドのまとめ
  • 騎乗位が不慣れな私には気持ち良いと思えなかった。
  • 上手に使いこなせるように練習が必要。

ディルドを使いこなせるようになるまでにはセックスレスが解消できていたらいいなぁ。

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策のため)

目次
閉じる